最終更新 2004年8月14日(初版公開01年6月14日) English version(by Excite & AMIKAI)

句読点研究会


私たちは、文の終りに「。〔句点〕」、文中の区切りには「、〔読点〕」を使って文章を書いている。しかし、このような使い方が定着したのは明治三九年、文部大臣官房図書課が『句読法案』を発表してからのことである。

飛田良文 1992 『東京語成立史の研究』

 例会案内と報告降順 2004-08-14更新

 レポート・発表降順 2001-10-26更新

 句読点番外地降順 2003-11-12更新

過去ログ
フレッシュアイ

 会員専用ページ2004-04-18更新


【注意】報告予稿・資料は著作権や翻訳権の問題があり当日の参加者の内部資料です。
したがって会員専用ページを読むにはパスワードが必要です。

  →「会員専用ページ」へ  会計報告ほか



2001-2005 句読点研究会
【連絡係】前田年昭

【連絡先 facsimile】05031567589
【連絡先 e-mail】t-mae@linelabo.com